転勤族子供は何人がベスト?1人っ子?2人以上?

転勤族 子供 通信教育 家族

転勤族は子供の人数を何人するかも迷いそうだね。

そうだね。知らない街で子育てすることになるから、

子どもの人数を慎重に考える人は多いかも。

転勤族の子供は何人がベスト?子どもの人数ごとのメリットとデメリット

子供の人数ごとのメリット、デメリットを知ると転勤族は家族計画を立てやすいよ!

一人っ子のメリットは?

  • 転勤に帯同しやすい
  • 教育費をたくさんかけられる
  • 親の愛情を独り占めできる
  • 母親は働きやすい

 

子どもが一人だと転勤に帯同しやすい

子供が一人だと中学生や高校生になるタイミングでも転勤についていけます。

(夫が単身赴任している場合、そこでの赴任が長くなりそうなら、その単身赴任先の近くにある高校を受験するなどもできる。)

でも、兄弟がたくさんいる場合、上の子は次高校入学だけど、下の子は中学3年生だとやはり転勤はついていくのは難しくなります。いくらなんでも、中3の受験時期に転校は負担が大きいと思うので。

 

子どもが一人だと教育費をたくさんかけてあげられる

子供って、お金をかけようと思えば際限なくかかります。

習い事、塾代・・・。

一人っ子だと一人分だけの教育費を考えればいいので、お金をたくさんかけてあげられます。

  

親の愛情を独り占めできる

兄弟ができるとどうしても赤ちゃんのときなど下の子のお世話につきっきりになるので、上の子に手をかけてあげられないときがあります。

一人っ子は、下の子にお母さんを奪われることがないので、安心して過ごすことができますよね。

ママは働きやすい

転勤族だと、子供が急に体調不良になってしまっても、頼ることができる身内が近くにいません。

そのため、仕事を始めても子供が熱をだすと休まざるを得なくなってしまいます。

子供が病気や学校の行事で会社を休む日も一人分だけでいいので、子供がたくさんいるよりは働きやすいですよね。

  

一人っ子のデメリットは?

  • 家でいつも遊べる相手(子供)がいない
  • 兄弟のなかで揉まれない

 

家でいつも遊べる相手(子供)がいない

一人っ子だと家で遊べる相手(子供)がいません。

 

兄弟にもまれることがない

兄弟にもまれることがありません。

  

 

兄弟二人以上のメリットとは?

 

  •  兄弟で遊んでくれる
  •  兄弟がいると心強い
  •  過干渉になりにくい

 

兄弟で遊んでくれる

我が家は兄弟二人ですが、本当にこれは助かっています。

子供の遊びにつきそうって大変。

上の子のプラレールの遊びにつきあっているときは、くるくるまわる新幹線をみると眠くて、眠くてしょうがなかった~

それが下の子ができると一緒に遊んでくれるのですごく助かります。

  

兄弟がいると心強い(情報をつかみやすい)

小学校に入ると幼稚園時代と違って、子供の世界を把握することが難しくなります。

転勤族だとママ友もなかなかできづらく、小学校の情報が入りづらいことも。

特に低学年のうちは子供も説明がうまくできなくて、一生懸命話してくれてもよく分からず困ってしまうことがあります。

でも、そんなとき兄弟がいると小学校のことをよく知っているので仲介して詳しく教えてくれたりします。

片方の兄弟にお友達とのトラブルが少し発生したことがありますが、もう片方の兄弟がそのことについて教えてくれたりして、現状を把握しやすいのはメリットだと思いました。

子供同士も兄弟がいると安心感があるようで、小学校の登校や習い事に一緒に行けるようになってうれしそうです。

兄弟二人以上のデメリットとは?

  •   費用がかかる
  •   労力が増える
  •   心配も増える

費用がかかる

子供が一人増えるごとにかかるお金は当然増えていきます。

食費、被服代、教育費・・・。

転勤族だと賃貸物件を契約するときも、子供が多いと広い部屋が必要になります。そうすると賃料も初期費用も上がってしまいます。

教育費を一度試算したことがありましたが、塾代、大学の授業料なども調べると費用の高さにびっくり。

教育費、めちゃ高い。少子化にもはるはずだ・・・。

労力も増える

 幼稚園では毎日の送迎に、行事、役員、習い事の送迎。

 小学校に入ると、毎日の送迎はなくなりますが、行事、役員、習い事の送迎。

 子供が多ければ多いほど、労力も増えていきます。 

 ただ、年齢とともに労力が減っていくのも確かです。

子供が小学生になって楽になった~

 

転勤族をしてみて、子供は何人だったらよかったと思うか?

私自身は、子供二人で遊んでくれると楽だったので、兄弟二人でよかったとは思っています。

ただ、兄弟の年齢差がないければないほど身動きがとりやすいので、年子がよかったかな?

産後数年間はすっごく大変ですが、そこを乗り越えればメリットが多そう!

子供の人数は家庭によって変わる。楽しく育児できる人数を!

私のまわりでは、子供が三人いらっしゃる家庭も多く、四人いらっしゃる家庭もありました。

各家庭や会社によって事情が変わってきますので、楽しく子育てできると思う人数を家族と話し合ってきめるといいと思います。

スポンサードリンク

キャンプ用品を高く売りたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました